ストライダーのデメリット!新品の靴が1日で破壊される悲劇

自転車に乗る前にバランス感覚が養える! といったメリットがあり、人気が高いストライダーですが、非常に大きな欠点がある、と身をもって知りました。

財布からお金がどんどん飛んでいく羽目になった、ストライダーのデメリットを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ストライダーとは

ストライダーは子供用の自転車で、ブレーキやペダルがないのが特徴です。ハンドルを握り、両足で地面を蹴って前に進みます。

バランス力が付くので、これに乗っているとすぐ、補助輪無しの自転車に乗れると言われていて人気です。

長女が通っていた保育園には2台のストライダーがあり、大人気でした。長女もコレがとても気に入っていて、毎日のように乗って遊んでいました。

ストライダーの特徴が最大のデメリット!

靴底が一瞬でなくなる

さっきも紹介したように、ストライダーにはブレーキやペダルがありません。これが最大のデメリットです。

ブレーキがないので、止まる時は足で踏ん張って止まるようになります。このため、靴底があっという間に削れて無くなります!

特に、娘が通っていた保育園は園庭と駐車場(アスファルト)が繋がっていたため、子ども達はよりスピードが出る駐車場でストライダーに乗っていました。

つまり、止まる時はアスファルトの地面に靴を擦りつけていました。子供用の靴なんて1日で穴が空きます! 酷いときには、靴に大穴が空いたまま乗り続け、靴下まで破ってくれたんです。

もう、何足の靴を一日でダメにされたことか・・・。ブレーキって大切です!

自転車のブレーキ操作ができない

ストライダーに乗っていると、ストップする時は足で止める、というクセが付きます

自転車は、ブレーキは指で操作します。後ろのタイヤを止めてから前のタイヤを止める。こうした手順を覚えて、指でしっかり握らなければなりません。

ストライダーに乗って既に足で止めるクセが付いているので、それを治すところからスタートになります。このクセを治すのが厄介でした。

しかも、子どもは握力がないのでブレーキ操作を嫌がります。

ストライダーは楽しさだけを子どもに教えてしまうので、その分、自転車操作を難しく感じさせてしまうように感じました。

自転車に乗ってもペダルを漕ぐことができない

ストライダーは地面を蹴れば簡単に前に進みます。ペダルがありません。

この点が自転車と全然違う所で、いざ、自転車に乗った時にペダルを漕ぐことができませんでした。さらに、バランスを取れるはずなのに、ペダルを漕ぐとバランスが崩れてしまって全然前に進みません。

勢いよく進む楽しみは知っている。

でも、思うように焦げなくて進めない。

自転車は面白くない!

ストライダーに戻ってしまう

自転車が上達しない

こんな悪循環に陥ってしまいました。結局、自転車は一から練習し直しです。ストライダー、自転車の練習の役に立たない・・・。なんとなく、自転車の練習の妨げになっているように感じました。

選ぶならブレーキ付きのタイプを

ストライダーは楽しい玩具ですが、どうせ与えるなら最低でもブレーキ付きにした方がいいです。これは絶対!

わが家では、長女のストライダーで懲りたので、次女には早くからブレーキ付きのタイプ【へんしんバイク】を買って、ブレーキの使い方から教えました。

へんしんバイクは、3歳から乗ることができます。ブレーキが付いたストライダーというと解りやすいでしょうか。

ペダルなしで乗り、その後、ペダルを付ければ補助輪無しで直ぐ乗れるようになる、という自転車です。

実際、次女は補助輪を付けずに乗れるようになっています。6歳くらいまで乗り続けられるので、小学生になってから普通の自転車を買おうと思っています。

ストライダーはパーツが多く、多くの子どもが知っていて人気が高いバイクです。しかし、デメリットがとても大きいと私は感じました。買うなら似たタイプのバイクで、ブレーキ付きにしましょう。

へんしんバイクはブレーキが付いていて、ペダルもスタンドも付けられる優れもの。補助輪なしで乗れるようになるので、なかなかいい子供用バイクですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントの入力は終了しました。