千葉船橋市のアンデルセン公園は幼児も小学生も1日遊べる格安パーク

千葉県船橋市にある【アンデルセン公園】は、アスレチックや動物ふれあい広場、ボート、噴水、野外ステージなどがある公園(市が管理する公園)です。

3学年差の娘達を連れて行ってみた感想を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

安い入場料が魅力

アンデルセン公園は船橋市が管理している公園なので、入場料が安いです。年間パスポートもあるので、何度も行く方は園内の申請所で書類を出しましょう。その場で写真撮影もしてくれます。

駐車場代:500円
※12/1~3/15は300円

入場料:大人900円、高校生600円、小中学生200円、幼児(4歳以上)100円
※コンビニで前売券を買うと1割引

年間パスポート:大人3,000円、高校生2,000円、小中学生1,000円、幼児500円
※船橋市民だと、大人2,000円、高校生1,600円、小中学生800円、幼児400円

【アンデルセン公園公式サイト参照】

持参したもの

敷物、ミニテント、着替え、水着、バスタオル、お弁当

真夏で水遊びをする前提だったため、結構な荷物です。

みんな、アスレチックなどがあるエリアの端の芝生の上に、敷物を敷き、簡易テント(広げればワンタッチでテントになるタイプ)を張って、そこに荷物を置いて遊んでいます。直射日光を避けられる木陰は争奪戦になるので、簡易テント必須です。

飲み物も軽食も園内で買えるので、荷物を減らしたい人は持参しなくても大丈夫。ただし、着替えは絶対に必要です(水路や池に落ちるか、アスレチックで土まみれになる)。

夏場はほとんど皆、水着・ゴーグル・浮き輪などを持参。広い池で大はしゃぎです。塩素入りで比較的水は綺麗なので、多分、こまめに水を替えたり、掃除をしていると思われます。

池は小2の娘の膝下くらいの浅い池ですが、噴水や水車、シャワーなどがあるので結構、楽しく遊べます。
※塩素が結構、臭うので、肌が弱いとか、塩素が心配な人は避けた方がいいかも

ただし、昼を過ぎると芋洗い状態になる上、小さな子の場合は親も一緒に水に入らないと迷子になる危険大!

いわゆる監視員もいないので(居ても、ぶっちゃけ、どこにいるか解らないので)幼児には濡れても大丈夫な格好をした大人が付き添って行動する必要があります

娘達は

Tシャツ&ズボン&スニーカーで入園

アスレチック遊び(汗だく)

水着に着替えて水遊び

昼食

ひまわり畑の迷路遊び(夏季限定。ひまわり迷路)

おりがみ教室(エアコンが効いた室内で一休みして製作。無料で折り紙を3枚もらえます)

動物とのふれあい

4人乗り自転車や乗馬で遊ぶ

アスレチック

17:00閉園(閉園まで居ると、駐車場から出るのが大変!)

こんな流れで1日遊び尽くしました。
アスレチックは簡単なものから、大人でも苦戦するものまで多種多様! 全部やると、翌日、筋肉痛間違いなしです

子どもについて園内を1日歩くと万歩計が軽く1万歩を超えます。夏の炎天下、歩くだけでかなり体力を消耗します。

季節に合わせて、イベントがある

チューリップ畑だったり、ひまわり迷路、サツマイモの特売、野外ステージのイベント、千葉県民無料の日、完全無料の日など、いろいろなイベントがあります。

イベントがある日や真夏の快晴の日は、開園30分前には長蛇の列ができていますので出遅れると駐車場が臨時駐車場になります(私達が行った日も、浮き輪などを持った人達の長蛇の列ができていました)。

混雑予想もHPに出ているので、出掛ける前にチェックしておくといいですね。

注意事項

いわゆる遊園地では無いので、迷子になっても呼び出しなどがありません

多くの子が、本人の名前・親の名前・連絡先を書いたシールを服に貼り付けています(迷子シールは、園内にあります)

子どもにテントの場所を覚えさせる幼児の手を離さない集合場所と時間を決めておく、といった工夫が必要です。わが家も長女が一時、行方知れずになって焦りました。

また、夏場は着替える場所がありませんトイレで着替えるか、テントの中でバスタオルなどを使って周囲の視線を遮って着替えていましたね。

ただ、男子トイレの入口で全裸になって着替えているおじさんが居たりして驚くこともあるので注意してください。ほんと、驚きました・・・。

~訂正~
この記事を書いた後、もう一度、アンデルセン公園に行きました。その時、更衣室があるのを知りました。利用していませんが、トイレ以外にも着替える場所があります。

遊んだ感想

とにかく、幼児から大人まで遊べる遊具・サービスがあって年齢問わずに楽しめます。

しかし、ちょっと間違えるとケガに繋がるので、動きやすい服装・着替え・迷子対策・親が子どもから目を離さない、といった注意が必要です。

無料で入場できる日もあり、イベントも頻繁に開催されているので何度行っても飽きずに楽しめそうです。

年3~4回行くなら年間パスポートがお得。わが家も購入しました! 運動不足も解消できるアンデルセン公園はリピ間違いなしの公園でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントの入力は終了しました。