京急油壺マリンパークで夏休みの自由研究を済ませたよ

夏休みの自由研究に頭を悩ませる親御さんも多いと思います。

できれば1日で済ませたい!そんな本音があったり(笑)

小3にして初の自由研究というわが家の娘。京急油壺マリンパークで水族館の裏側見学ツアーに参加して、自由研究を済ませてきました♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

水族館の紹介

京急油壺マリンパークは三浦半島の先っちょにある水族館。

規模が小さいのですが、小学校低~中学年の子の夏休みの自由研究ネタには事欠かないところ。

なお、可愛い小さなお魚さ~ん!とか、いろんなクラゲを見て癒やされたい・・・という方には向かないかな? サメ好きに強くお勧めしたい水族館です。

屋内の水族館なので雨も気にならない

まず、水槽や展示物は屋内にあります。

移動で外を歩くことはありますが、冷房が効いた屋内で展示物を見たり、説明書きを読んだりできるので暑い夏に嬉しい水族館♪

イルカのショーも屋内(涼しい!)ですし、ショーの会場内で(ショーの合間に)お弁当を広げて食べている幼稚園児(遠足?)も居ましたよ。

雨の日でもOKの水族館です。

サメ好き向き!本州で唯一オオメジロザメが見られる水族館

サメ好きな方に強くお勧めしたい油壺マリンパーク!

油壺マリンパークと沖縄の美ら海水族館でしか見られないオオメジロザメがいます。

凶暴なサメTop3に入る?!と言われるくらい、サメらしいサメのオオメジロザメの泳ぐ姿&運が良ければ食事シーンが見られますよ。

※裏側見学ツアーに参加すると、サメが回遊する水槽の上に上がらせてもらえます。足のすぐ下を悠々と泳ぐオオメジロザメが見られましたよ。

他にも、絶滅したムカシホホジロザメの歯の模型や歯の化石メガマウスシャークの剥製オオワニザメの剥製などが展示されています。

深海に住むダイオウイカの標本もあって、サメや深海に興味がある方向きです。

入園料割引があり&ペット同伴OK

入園料は、大人(高校生含む)1,700円、中学生1,300円、小学生850円、幼児(3歳以上)450円です。

ただ、コンビニで購入できる前売りチケットや、JAFの割引、障害者割などがあって、安くなります。

また、近隣のホテルに泊まる方はホテルで500円前後安くなる割引チケットが貰えますよ。お泊まりで行く方はホテルのフロントで聞いてみてくださいね。

なお、ペット同伴入園OK(500円の入園料が必要)ですが、ワクチン接種や獣医師が作成する健康診断書が必要ですから、水族館のHPを見て必要書類を準備してくださいね。

自由研究のネタがいろいろある

わが家は自由研究のために行きました。そのテーマ・ネタを紹介します。

裏側見学ツアー

大人でもウキウキする、水族館の裏側を見せてくれるツアー!
(2018年7月は平日限定のツアーで1日1回。要予約&ツアー代500円が必要でした)

<ツアーの内容>
・メインの展示水槽の裏側
・巨大なサメがいる回遊水槽の裏側(エサやり)
・回遊水槽の上で、サメやエイの話
・質疑応答
(※2018年7月時点の内容)

大体30分前後です。

大人でも「へぇ~」と思う内容だったり、豆知識的な話を聞けたり、なかなか楽しかったですよ。わが家は家族全員で参加。

自由研究にする場合は、ビデオ撮りしておいて飼育員さんの話を後から振り替えることができるようにしておくといいですよ。

わが家は、このツアー内容をメインに自由研究をまとめました。

イルカのエサやり

サメが多い水族館ですが、やっぱりイルカはいます。

そして、イルカのショー以外に、エサやりイベントがあります。

エサやりは、当日受付で5人まででした。幼児の場合は保護者同伴なので、エサやりをしたい保護者の方はぜひ、お子さんを使って参加を・・・(笑)

カワウソと握手

カワウソと握手というイベントがあります。

わが家の次女はエサを貰うと上手に両手で持って食べる姿を見て「人の手みたい!」と感動していました。

カワウソをテーマに自由研究もいいなぁ、と思いました。
(ただ、カワウソの展示場は外。雨降ると濡れるし、晴れると炎天下! なかなか大変です)

テーマごとに展示された魚

油壺マリンパークの水族館は、テーマ別に魚が展示されています。

ですから「テーマを考えるのがちょっと・・・」という方でも、テーマが目の前にあるので自由研究がやりやすいですよ。

テーマは「昔のままの姿で」「相模の海から」「姿や形を変えて」「海の遊歩道」というもの。予め、水族館のHPで内容をチェックしてから見に行くと、まとめやすいと思います。

サメの歯を使ったレジンクラフト

サメは歯が死ぬまで歯が生え替わる生き物なんですよね。

このため、水槽の底に抜け落ちたサメの歯が溜まるそうなんです。この歯を使ったレジンクラフトが体験できます♪

(娘達が作ったもの。名刺入れをデコりました。写真の矢印の先にあるのがサメの歯)

レジンクラフト自体は手軽にできますが、サメの歯に触れることなんて滅多にないですよね。記念の品になりますよ。

自由研究のまとめ方

あれこれ、メモして帰宅するのはいいけれど、まとめるのが結構、大変。

わが家は四つ切り画用紙にまとめました。

ざっくりと、こんな感じ。

3、4、5はダラダラ文にすると分かりにくいので、書くことは3つに限定。写真を貼り、一言メッセージを添える程度に・・・。

写真を貼ると、文が少なくて済むのでいいですね。

ただ、学校によっては、まとめる時のサイズに制限があるようなので要注意!
娘の場合、まとめた後で制限があることに気付きまして・・・。一応、四つ切り画用紙までOKだったのでホッとしました。

普段は横方向に使う原稿用紙を縦にして、横書きで利用する方もいるとか。
原稿用紙1枚に1項目、という風にまとめるのもお勧めです。
(その方が、途中で失敗しても直しやすいし・・・。画用紙の場合は鉛筆で下書きし、その上からペンで書く作業になります。それでも間違う&落書きをするウチの娘は、もう、ホント、グッタリでした・・・)

なにかと面倒に感じる自由研究ですが、親も楽しめるものをテーマに選べば面白いもの。旅行も兼ねてしまえば、一石二鳥です♪

サクッと済ませたい人も、凝った調べ物をしたい人も、水族館はいいですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする