小1の壁に惨敗した私がフリーランスに転身して得た10のメリット

シフト勤務、転勤、泊付き出張も断らず、バリバリ働いていましたが結婚・出産すると状況が一転! しかも小1の壁が越えられませんでした。

そこで退職し、フリーランスという形で仕事をするようにした訳ですが・・・働くママと育児ママのいいとこ取りが叶った、という呟きです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

学童が利用できない現実と働けない絶望

保活は、長女も次女も、息も絶え絶えでしたがなんとかクリアしました(運で乗り切った感じ)。

しかし、小1の壁は恐ろしく高かったです。えぇ、学童保育が利用できなかったんですよ! ファミリーサポートもムリ! 実家も義実家も介護や闘病などで、とても日常的な手伝いはお願いできませんでした。

ついに、運が尽きた・・・。

そう思いました。

私は自分が就いていた仕事が好きでした。大変だし、常時人手不足で「20年育休取ってもいいから戻ってきて!!」と言われるような状況でしたが、それでもやりがいがありました。

でも、やっぱり家族を第一にしたい。私はそう思ったので未練タラタラで退職・・・。15年勤めた職場を辞める決意は、なかなかできませんでした。

フリーランスという働き方

私は大卒して直ぐ就職したので、働いていない期間がありませんでした。唯一あるとしたら、育休中ですね。育休中は職を失っている訳ではありませんから、安心して働かずに居ました。

でも、辞めるとなるともの凄く不安になりました。だって、職が無いんです! 無職なんです! プーなんですよ!

この不安に耐えられなくて、なんとか働く方法がないかGoogle先生に尋ね続けていました。

そこで見付けたのが「フリーランスという働き方」です。いわゆる個人事業主という形で事業を展開し、自分で仕事を見付けて働く方法です。

外で雇われて働くことしか頭になかった私には、とても衝撃的かつ魅力的な働き方でした。副業ではないので怖いものもなし。

早速、フリーランスという働き方に飛びつきました。

フリーランスにはメリット10個ありました

  1. 「子どもが熱を出したので休みます」報告不要
  2. 勤務管理・仕事量の調節は自分で行う
  3. 通勤時間ゼロ
  4. 時間外保育&学童不要(出費が減る)
  5. 習い事が可能になった
  6. 子どものイベントに堂々と参加できる
  7. 仕事をしながら、PTA役員もできる
  8. 睡眠時間が確保できる
  9. 自分時間が確保できる
  10. ストレス激減!

雇われた状態で働くと、どうしても「職場に迷惑を掛ける」という意識が常に働きます。実際に出勤できなくて同僚に負担を強いたり、仕事が中途半端になったりします。

フリーランスだと謝罪する相手がいません。自宅で、自分で選んだ仕事を自分流にこなせばOKです。締切さえ守れば、その課程は誰にも問われないのです。

例えば、24時間かかる仕事があるとします。

<外で働いている場合>
8時間勤務×3日間が普通。変更するなら、上司や同僚の許可・協力が欠かせません。ですが

<フリーランスの場合>
12時間×2日間
6時間×4日間
3時間×8日間

こんな風に自分で好きなように設定できます。納期さえ守れば、どんな風に仕事をしても大丈夫なのです。

時間の使い方が自由なので、家事・育児・仕事にどれくらい時間を配分するか自分で決められ、その都度、適宜、変更できます。

嬉しいことに通勤時間ゼロなので、その分が自由に使え、睡眠時間・自分時間を生み出せるのです。お陰様で、ストレスが大幅に減りました。

デメリットもあった

当然、デメリットもあります。

  • 収入激減
  • 外に出なくなった
  • 太った

フリーランスという形で直ぐに十分な量の仕事を得られる訳はなく、また夫の扶養に入っているため収入は激減です。

そして、一日中家にいます。必要最低限しか外に出ないので、完全な運動不足です。体、本当になまりました。

さらに、食べ物・飲み物が豊富に目の前に存在するので、ついついデスクワークをしながら食べてしまい、太りました。

以前の仕事は制服が支給され、更新もなかなか難しかったので体型維持に必死になっていました(2人出産後も、大卒で採用された時のサイズの制服をバッチリ着ていました)。

でも、その制約が無くなったんです。縛るものがなにもない! ハイヒール不要! そんな解放感も手伝って、一気に5kg以上太りました・・・orz…

まとめ

外で働くママが、働き続けることに難しさや苦痛を感じるようになったら、フリーランスという働き方を選択肢に入れてみてください。

収入減や得られる仕事の量が不安定というデメリットがありますが、メリットも大きいはずです。

一度、メリット・デメリットを書き出して比較してみてください。家事・育児に重きを置きながら働きたい方にはお勧めです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントの入力は終了しました。