フリーランスなら資格を持っている方が有利だと思う理由

フリーランスで仕事をする場合、仕事を自分で選ぶので特別な資格を持っていなくても大丈夫です。

しかし、私は資格を持っている方がいい(有利)だと思っています。実体験から、その理由を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

資格は便利な言葉

資格というのは、人が持っている知識や能力、経験を表してくれるものです。これは便利な言葉だと思いませんか?

グダグダと文章で説明しなくても、一言でパッと相手にこちらの事が伝わるんです。そういう資格は持っていると自己アピールが楽になります。

イラストレーターや漫画家なら、絵を公開することで腕をアピールでき、クライアントもパッと見た目で判断することができます。

しかし、ライターは実際の文章を読んでもらわないと能力を示すことができません。ちょっと不便ですよね。

もし、資格を持っていたらどうでしょう? 自己紹介欄に自分の能力を示す一言が掲載できたら・・・。クライアントにパッと自分のスキルをアピールできますよね。他のライターさんと差を付けることができます。

資格とは、能力を簡単に相手に伝えることができる、非常に便利なものなのです。

資格を取るには勉強が必要

資格を取るには勉強しなければなりません。当たり前のことですが、この勉強が自分のスキルを高めてくれます。

知識が多ければ多いほどライティングの質が上がると思います。今はネットで調べれば、なんでもすぐ解るでしょう? と思いがちです。

しかし、ネット上には情報が溢れ過ぎていますし、信憑性の薄い情報もあったりします。このため、自分の中にある程度の知識がなければ、正しくない情報に翻弄されることになります。

自分のスキルアップ、能力向上のためにも勉強が必要です。資格を取ろうとして勉強することは、確実に自分のスキルを高めてくれると思います。

効率よく資格を取るなら通信教育が便利

資格を取るなら、効率よく勉強でき、短期間で資格を取得できる方法を取りたいですよね。

それなら、通信教育を活用するのがお勧めです。通信教育なら、資格取得に必要な参考書が揃っており、ポイントが整理されていて、過去問などもセットになっています。

自分であれこれ参考書を選ぶ必要がないので時短になりますし、与えられた物を勉強すれば漏れなく勉強できるのも魅力的です。

特に、慣れないジャンルの資格を取ろうとする場合は、なにをどう勉強すればいいかさえ解らないものです。

通信教育なら、テスト対策はもちろん、テストの願書の出し方までサポートしてもらえます。時間と手間を省けるのでいいですね。

通信教育の費用を安くする方法

ただ、通信教育のデメリットは費用が結構高いこと!

参考書以外に、添削や質問に対する解答など、手厚いサポートがあるとはいえ、やっぱり、ちょっと高く感じます。

しかし、一部の通信教育の費用は安くすることができます。これは厚生労働省の教育訓練給付制度という制度を利用します。

制度を利用できるのは、厚生労働大臣が指定した講座だけです。また、雇用保険に加入していた期間が一定以上あるとか、失業中なら失業してから一年以内といったような条件を満たす必要がありますが、条件が満たされれば、通信教育費の20%(最大10万円)が支給されます。

こうした制度を活用すれば、負担を少し軽くして資格を取得できます。取得したい資格がある場合、厚生労働省のHP、教育訓練給付制度のページをチェックしてみてください。

対象となる講座を検索するシステムにアクセスできますよ。

まとめ

フリーランスで仕事をする時、クライアントに自分のスキルをアピールする必要が出てきます。

資格は、自分のスキルや能力、知識を簡単に相手に伝えることができる言葉で、自己アピールの助けになってくれます。また、資格取得のために勉強するので、自分のスキルアップにも繋がります。

資格取得には通信講座が便利で、講座費用を援助してくれる国の制度もあります。資格を取ろうと思っている方は一度、厚生労働省のHP、教育訓練給付制度のページを見てみるとお得な情報が得られるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントの入力は終了しました。