フリーランスの持病?肩の痛みが酷くなった時に試した対処法

私はフリーランスという形でライティングの仕事を請けています。趣味も小説などを書くことなので、仕事も趣味もPCに向かってキーボードを叩くこと。

ある時、どうにも右腕がだるいなぁ・・・と思っていたら、今度は右肩が痛くで文字入力どころではなくなりました。

ヤバイ! 仕事も趣味もヤバイ! ということで、実際に取った対策を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

マッサージ

年齢的にそろそろ・・・OO肩?! とも思い、まず、実母に相談しました。すると

四十肩は、痛くても動かしていないと動かせなくなるよ!!!

実体験からの鬼気迫るアドバイスをいただきました。もう、痛かろうがなんだろうが、動かせ!!! とのことでした。

実母は四十肩で本当に肩を動かせなくなり、一時期、着替えなど身の回りのことが自力でできなくなっていました。

その姿を見ていたので、そうなったらかなりヤバイ! そう思い、まず、マッサージをしながら動かすようにしました。

でも、痛いです。

マッサージしても痛みが引く訳でなし、動かすと痛い。だるい。即効性は感じられませんでした。

自分でマッサージしても効果は感じられず、鍼灸医院へ行きました。プロの手によるマッサージの後、鍼を打ってもらいました。もう、鍼だろうが、なんだろうが、楽になるならなんでもOK! それくらいに感じていました。

鍼は、いわゆるハリを刺しますが、刺さっているのを感じないくらい細いハリです。トントントン、と刺す時に叩かれるので「刺さった」と解りますが、刺されているとは思いません。

ハリを刺す、というのは、ちょっと怖いイメージかもしれませんが、全然、怖さも痛みもありませんでした。

私が行った鍼灸医院では、ハリをさして、電流を流します。ビリビリしますが、不快ではありません。寝てしまえそうな感じの、気持ちの良い鍼&電気ビリビリでした。

この鍼&電気ビリビリは、終わってから「うわぁ~! 楽!!」そう感じました。私には鍼と電気ビリビリが合ったようです。

ウォーターベッド

鍼灸医院では、鍼&電気の後、ウォーターベッドを使わせてくれました。コレ、文句なしに気持ちが良いです!

まず、ウォーターベッドに仰向けに寝ます。そしてスイッチを入れると、下から強烈な水鉄砲で撃ちまくられます。

ベッドの下に消防士がいて、太いホースでガンガン放水している。そんな感じの刺激が足から頭まで与えられます。

揉むのではなく、水圧で体を打つ。そんな感じでした。マッサージに近いような気がします。でも、これが本当に気持ちが良くて溜まりませんでした。

マッサージ器を買うなら、ウォーターベッド! そう思うくらい、気持ちが良かったです。

こちらは、肩の痛みが取れる、というよりは、全身の筋肉の凝りがほぐされるという感じです。全身の血行がよくなって、肩にもいい影響を与えそう・・・。そんな気がしました。

粉末コラーゲン

もうひとつ、試したものがあります。それは粉末コラーゲンです。

関節の軟骨を作る材料が足りないのか? そんな風に思って、粉末コラーゲンを摂取しています。もちろん、即効性はありませんし、肩以外の所に効果が出ているように感じました。

多分、材料は色々足りない体なんだと思います。それを補う意味で粉末コラーゲンはアリだと思いました。

まとめ

四十肩が疑われ、整形外科に行った私は、マッサージ、鍼、電気、ウォーターベッド、コラーゲンなど、色々試しました。

その場で効果を感じられたのは「鍼&電気ビリビリ」でした。患部に直接刺激を与えるので当然かもしれません。

今は痛みは治まっていますが、直接的な原因と理由は未だ、解っていません。四十肩とは思いたくありませんが、そうだったら対策は必要。痛いながらも動かして、肩が固まってしまわないように注意したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントの入力は終了しました。