子育て中のママにお勧め!フリーランスで働く方法を紹介

子育て中のママが働くには色々な壁があります。しかし、そうした壁を感じること無く、場所も時間も仕事内容さえも自由に選べる働き方があるとしたらどうでしょう?

組織に縛られることなく自由に働く「フリーランス」という働き方を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フリーランスの意味

フリーランスというのは、会社や団体に所属することなく、個人で仕事を請けて働く方法を言います。海外ではとても一般的で、日本でもフリーランスという形で働く人達が増えてきました。

働く場所も、自宅だったり、自分で事務所を借りたり、カフェだったり様々。誰からどんな仕事を請けるか、ということも自分で決められます。

会社に勤めると、会社が決めた拘束時間を守らなければなりませんが、フリーランスだと拘束時間がありません。

子育て中のママには、とても魅力的な働き方だと思います。

フリーランスで働く時に最初にやること

フリーランスで働くには、まず、税務署に届け出をします

日本では、収入がある人はその額に合わせて所得税を納めなければなりません。このため、フリーランスという形で働きます、と税務署に連絡し、その後、確定申告で収入などを申告する必要があります。

フリーランスで働く人は個人事業主(個人で事業を営んでいる人)になります。このため、まず、個人事業の開業届出書というものを税務署に出します。

国税庁のHPからダウンロードし、2枚同じ物を作って税務署に出しましょう。そうすれば、受付印を押したものを1枚、返してくれます。この1枚は大切に保管しておきましょう。

こうすることで、自称:フリーランサーではなく、ちゃんと税務署に届出をして報告する義務を果たしているフリーランサーになります。

※個人事業の開業届出書を出したら、1/1~12/31の収入・支出などを計算して確定申告をします。例え収入が少なくても確定申告で「収入がこれだけしかありませんでした」と申告しなければなりません。

クラウドソーシングサイトに登録する

フリーランスで仕事をする場合、自分で仕事を見付けなければなりません。さらに、仕事を見付けたら、自分に仕事をください、と営業活動が必要になります。

クラウドソーシングサイトは、仕事を依頼したい人と、仕事を請けたい人を引き合わせてくれるサイトです。

無料で登録でき、自分専用のプロフィールページを作れるので、仕事探しも自己アピールも簡単です。

登録されている仕事の内容も色々なので、フリーランスで初めて働く人でも気軽にチャレンジできます。

プロフィールページは正直に!

クラウドソーシングサイトでは、自分のプロフィールページを作れます。全く実績が無い場合「初めてです」と書くと仕事をもらえなさそう・・・。そう不安になると思います。

ですが、ウソは書きたくないですよね。ですから、仕事が初めてです! ではなくて自分にできることを書くんです。

過去の仕事のこと、持っている知識、資格、一週間で何時間くらい仕事ができるか

こうしたことを書きます。自分を大きく見せるためのウソは絶対にNG! また、必要以上に媚びたり、相手の条件を全部飲みます!という態度も危険です。

できることを淡々とプロフィールに書き、仕事を請け、実績を積みながらプロフィールページを充実させていきます。

焦らなくても大丈夫です。

実績を積んでいけば、収入に繋がる

クラウドソーシングサイトで仕事を探していて、最初に感じるのは「報酬が少ない!」ということ! これは正直な感想です。私も「え! これだけ?!」と思った事があります。

初心者歓迎! 誰でもできるブログ記事作成!

こんな募集がよくありますが、1500文字の記事を書いて300円、という報酬だったりします。1文字0.2円の計算になりますね。

この仕事、30分で1500文字を打てるなら、時給600円の仕事と考えることができます。しかし、今の最低賃金はいくらでしょう? それを考えると、少々寂しさを感じませんか?

フリーランスで働こう! と思っても、こうした現実を見て諦めてしまう人がいます。パートに出た方がマシ、と思ってしまいますよね。

ですが、フリーランスのメリットは自分で仕事を決められることです。受ける仕事の最低報酬額を自分の中で決め、実績を積み上げていけば、いずれ高単価の報酬を得ることができます。

実は、クラウドソーシングサイトでは、表に出ていない仕事というのがあります。クライアントの希望で一定以上の実績がある人だけを対象とする仕事というのがあるんです。

少しずつでも実績を積んでいけば、こうした仕事に応募することができるようになります。そうなると、かなり収入が違ってきます。

まとめ

フリーランスで働くには、まず、税務署に個人事業の開業届出書を出します。

それからクラウドソーシングサイトに登録し、プロフィールページを作って自己アピールをしましょう。

最初に受けられる仕事は限定的かもしれません。ですが、実績を積んでいけば高単価の仕事に応募できるようになります。

自分を過剰に低く評価せず、焦らず、少しずつ仕事をしていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントの入力は終了しました。