練習・準備時間が短い!支援学級の子には少々酷?!な運動会

長女が通う小学校は9月に運動会があります。今年は日付の関係で、運動会まで日数がありません!

自閉スペクトラム症の娘、たった2週間の練習で運動会に参加できるのか?! そんな母の不安を呟きます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

運動会が9月中旬! 練習時間がない!

9月1日に2学期が始まり、土日を挟んで9月4日から給食&本格的に授業開始。が、運動会が9月16日! 練習期間は2週間!

定型発達の子なら「あぁ、今年は運動会早いのね」で済むでしょうが、支援学級に子供が通っている親としては・・・

練習時間ないじゃん! 並ぶ場所とか、移動の仕方とか、ダンスとか、競技ルールとか覚えられるの?!!!

と不安でいっぱいです。

毎日3時間の運動会練習に耐えられる?!

ここ一週間、長女の様子を見守っていましたが、運動会の練習は毎日! それも3時間とかあるようで・・・!

先日、PTA会議&活動で学校にお邪魔したのですが、複数の学年合同で練習をしていました。そして、長女、母の姿を見付けてダッシュしてくる! よく見付けるよね! 母捜索レーダーでも付いているのか?! と思います。
※ダッシュしてきた時は休み時間でした。

600ml入る水筒を持たせていますが、毎日空っぽで帰ってきます。足りていない?! と思うのですが、一応、学校には水飲み器あるし、多分、大丈夫かな?

スポーツドリンクを持たせているし、練習中に先生が定期的に「水筒の所へ行って飲みなさい」と指示を出しているようなので、熱中症は大丈夫な様子。

しかし、まだまだ暑い中、よく3時間も練習します。今のところ、元気いっぱい! ヘトヘトです・・・なんてこともなく、毎日、機嫌良く学校に行っています。

運動嫌いの子や、体力がない子は辛いだろうなぁ・・・と思います。

支援学級の子の中には困惑している子も

特別支援学級の子の中には、普段と違う場所や状況が苦手な子も居ます。

時間割通りに授業が進まないことで、どうしていいのか解らない子がいるし、ザワザワした場が苦手な子もいます。大集団の中に入れない子もいて、イレギュラー続きの運動会練習は支援学級の子にとって、厳しい試練にも似たことであるケースもあります。

先日、ママ友が

「ウチは参加できるかどうか・・・スタートラインにも立ってないんだよね。当日も運動会に参加するけれど、どこにいるか解らない。競技に参加するのは無理かも」

なんて言っていました。みんな、それぞれ特性を抱えていて、それぞれの子のペースで一生懸命参加しようとしているんですよね。

運動会で活躍できる子もいますが、少し離れた場所には活躍しないけれど、気力を振り絞って頑張っている子もいるんです。

とりあえず、チャレンジ。当日、どうなる?!

支援学級の先生と話していると、どうやらダンスは完璧らしいです。

長女は聴覚優位(音を聞き分ける能力が高い・でも音に敏感で苦手な場所もある)で、また身体感覚優位という面もあって(そうだと私は思っている)、音楽を聴きながら体を使って表現することはめちゃくちゃ得意。

ここは凄く得意なので楽しくてしょうが無いようなのですが・・・、競争ものでルールがある競技はからっきしダメ・・・。

長女は運動会練習以外でも、教室で先生が教えてくれているようなのですが、どうもルールが覚えられない様子。さぁ、本番どうなることやら・・・。ルール無視で、スタートからゴールまで突っ走りそうです(^^;)

そして、徒競走は・・・みんなのスタートを確認してからスタートするような子なのでビリ決定。ニコニコ笑いながら走るので、ふざけている様にも見えます。

見た目ですぐ支援学級の子と解るような特徴がないので「なんだよ!アイツ!!!ヘラヘラして!」「勝負なのに、なにチンタラ走ってんだよ!」「アイツのせいで負けた!」というように言われることも・・・。

体を動かすのは好きですが、走るのは遅い。なんとか早く走れればいいのですが・・・。

まとめ

運動会といえば、小学校の一大イベント!!!

ここに賭けている子もいるし、勝負・勝敗にこだわる子もいます。そういう子にとってみれば、長女のような子は邪魔かもしれません。

今のところ元気に練習に参加していますが、当日はどうなることやら・・・。不安を抱えつつも見守りたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントの入力は終了しました。