トイザラスが破産?!大手おもちゃチェーンがネット通販に破れる

ネットでニュースを見てビックリしました! トイザラスが破産宣告したとのこと!

あの大手おもちゃメーカー、子どもを持つ親なら一度は利用したことがある(であろう)トイザラスが倒産です。そのニュースを見て、おもちゃを買う店などについて考えてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

9/18に会社更生手続きを申請!

アメリカのトイザラスは18日、連邦破産法11条に基づく会社更生手続きを申請したと発表しました。負債額はおよそ50億ドル=およそ5600億円に上ります。
(引用元:9月19日(火)TBS ネットニュース)

トイザラスと聞いて驚きましたが、破産したのはアメリカのトイザラスとのこと。大手おもちゃメーカーだけあって(?!)負債額が半端ないですね。

トイザラスとベビーザラスを合わせると、アメリカでは880店舗あるそうですが、それが全部なくなるのでしょうか? どこか、別会社が引き継いで再生するのでしょうか?

日本でも約160店舗あるとかで、日本のトイザラスの経営状況が心配です。

日本は無関係

今回の会社更生手続きは、アメリカとカナダのトイザラスが対象になるそうです。日本は対象外。普通におもちゃを販売してくれるそうです。

しかし、アメリカがダメだったのだとしたら、日本はどうなのでしょう? 経営方針や置かれている状況は似たようなものではないのかな?

また、日本のトイザラスがアメリカから直輸入しているようなおもちゃは、これまで通り提供されるのでしょうか?

地味に影響がありそうな気もしますが、それ以前に、日本も通販に押されて・・・ということにならないかな?

おもちゃを買う場所は?

皆さんは、おもちゃをどこで購入しているでしょうか? トイザラス、行っていますか? 私は・・・というと、ほとんどトイザラスに行っていません。その理由は・・・

【理由1】子どもを連れて行くと物欲爆発!

当然といえば当然なんですが、子ども連れで行くとアレも! コレも! どっちも欲しい! という状況に陥ります。

まぁ、絶対に買わないんですが・・・見本として出されているオモチャを手にとって子どもが動かなくなり、30cm進むのに10分以上かかる! なんて事態に!

子連れでおもちゃ屋はNGです! 例え、買う物が決まっていても行ってはいけません・・・。

【理由2】近所に店舗が少ない

トイザラスは広い店舗面積が必要ですよね? 立地条件が限られるのか、わが家の近所にはありません。

近くに店がなければ行く機会も自然と減ります。「あれを買うから、行こう!」と気合いを入れないと行かない場所なので、売り上げに貢献することがほとんどありません。

近くにあっても目の毒で困るけれど・・・。

【理由3】口コミを見ながら商品を比べられるネットが便利

トイザラスの店舗に行かない最大の理由が「トイザラスで買わなくてもいい」という身もふたもないもの。

ネットだと、数々の商品を見比べ、口コミを読み、値段の比較もできますよね。この手軽さ、便利さに、店舗はなかなか勝てないように思います。

思い返してみれば、娘達が持っているおもちゃは、ほとんどもらい物か、ネット通販で買ったもの。

もらい物も、じいじ・ばあばが買いにお店へ出向いたのではなく、ネット通販で購入し、わが家へ送ってくれたものが多い。

人間、楽な方法があると、どうしてもそっちへ流れていってしまうもの・・・。これからは、ネット通販なしではやっていけない世の中になりそうですね。

店舗だからいい!というメリットがなければ、日本のトイザラスも・・・?!

手軽さ、便利さ、機能では店舗がネットを上回るのは難しいように思います。

こうしたハンデを負いつつ、ネット通販にトイザラスが負けないためには、やはり実店舗ならでは! という目玉となるメリットがなければムリかな、と思います。

クリスマス商戦前に破産というのもモヤモヤしますが、早く立て直して再出発したい、ということでしょうか?

なにはともあれ、アメリカ・カナダのトイザラスは残念でした。日本のトイザラスの行方がちょっと心配ですが「アメリカとカナダだけが法の影響を受ける。日本は通常営業を行う」とのことなので、当面は大丈夫なのでしょう。

おもちゃを買う所をネットではなく、実店舗に目を向けることも大切かもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする