自分から勉強する子にするために必要なこと

子どもが自分から勉強するようになってくれれば・・・そう思う親御さんは多いのではないでしょうか。

勉強嫌いだった私も、子を持つとそう思います。勝手なものですが、わが家で実践した「自分から勉強する子にする方法」を紹介します。ちょっとだけ、成功している・・・かな?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

学習机は買わなかった

子どもが就学する時に、学習机を買う人が多いかもしれません。でも、わが家はリビング学習を考えたので、子ども部屋はありますが学習机は買いませんでした。

そもそも、机は家にたくさんあります。

食事用テーブル、リビングのコタツ、夫が独身時代に使っていた机、私が使っていた机などなど・・・。

改めて学習机を買う必要ないんじゃない? という意見だったので、買いませんでした。

祖父母から「買ってあげたい」言われましたが、丁重にお断りし、将来、本人達が欲しがる机を買って貰うことにしています。

リビングにパソコンデスクを置いた

学習机は買わなかったものの、やっぱり子どもの定位置というものは作りたい。

「ここが貴方の席ね」

そういう場所が欲しかったので、私が2台並べていたパソコンデスクを娘達に1台ずつ与えました。引き出しも棚もありませんが、パソコンデスクは広い!(私は別の作業台を使用)

自分の指定席というのは嬉しいようで、紙や色鉛筆、クレヨン、折り紙を広げて遊んでいます。

文具などの細々とした道具は、市販のお道具箱などに入れてあるので、テーブルで宿題やる~、と言った時はお道具箱を持って移動しています。

ただ、パソコンデスクは指定席ですが、宿題をやったりお絵かき・読書は、その時の気分次第。こたつ、ソファ、テーブル、床などなど。好きな所でのんびりやっています。

遊びや宿題に取り組んでいる間は好きにさせます(宿題はテーブルでやるよう促しますけれど、お絵かきなどは好きにさせます)。

片付けさえちゃんとすれば、気が向いたところで好きなだけやりたいことができる、という環境は大切かな、と思っています。

光熱費対策で母はリビングで仕事

私は自宅で仕事をしています。仕事用の机はリビングに設置。光熱費を考えると、別室を準備するよりリビングの方がいいんです。

このため、娘達は毎日「机に向かって仕事をしている母」「机に座って本(資料)を読んでいる母」「勉強している母」の姿を見ています。

お手本・・・とは言いませんが、机に向かうことが普通のこと・当たり前のこととして日常的に目で見ています。

そのためか、ゲームが終わると(許されている時間が終わると)自分からパソコンデスクなどに座ってお絵かき、折り紙、塗り絵、製作、読書(絵本)などを始めます。

座って作業することが当たり前のこと、と日常的に示されると、子どもの中でも「当たり前」として定着するようですね。

子どもが自分から机に向かうようになった

絵本や塗り絵、紙、折り紙と一緒にパソコンデスク(指定席)をリビングに置いたことと、母親が机に向かう姿を日常的に見ている、という2つのことが効いたのか、長女も次女も自分から机に座るようになりました。

プリントを解いたり、ドリルをやったり、お絵かき、塗り絵、折り紙などを勝手にやっています。

「ママー! 無くなったから買ってきて」

と言われるくらいです。次女は3歳頃からパソコンデスクに座り、集中して保育園で作った製作と同じ物を再現したりしています。

これがいつまで続くか解りませんが、今のところは小学生の長女も、保育園児の次女も黙々と机に向かうようになっています。

大学生まで続くといいなぁ・・・。

なお、リビングにはゲーム機もテレビもパソコンもあります。誘惑はたくさんありますが、ゲームやテレビの時間は制限してあるので、それほど困った事態には陥っていません。

休日が困る

さて、困るのが休日です。

夫はテレビを見たい。
私は迫っている原稿の締切に向けて仕事をしたい。
娘達はリビング内で大げんか&大はしゃぎ。

仕事も遊びもリビングの中になっているので、休日は仕事に集中できません。

平日の子どもの学習姿勢を取るか、自分の仕事の都合を取るか。

結構、悩ましい所です。

まとめ

リビング学習にして、親がいる安心空間で好きなときにいつでもデスクに迎える環境を作ること。そして親自身が勉学に励む姿(姿だけでも)を見せるのは有効だと思います。

ただ、リビングに色々置くと、インテリアになじまなかったり、友人を呼ぶのが難しくなったり、休日のそれぞれの過ごし方に支障が出るデメリットもあります。

ですが、子どもの視界に適切と思われる環境を写し続ける。これがジワジワと効果を発揮するのかな、と思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントの入力は終了しました。