女の子のランドセル、色選びで迷った時の最終手段

私が子どもの頃は、ランドセルと言えば赤と黒でした。それが今や、虹色もいいところです。

親としては6年間使うことを考えてランドセルの色を選んで欲しいものですが、なかなかそうもいきません。そんな時の最終手段を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

女の子に人気の色

長女の同級生を見てみると、意外に(?)みんな大人しい色です。

  • チョコレート(茶)

ほとんど、この2色! 水色、紫、ピンクは本当に少数派です。長女の学年は女子が極端に少ないので、男子の黒・紺に混じってしまって、全体的に地味!

この辺は、学年によって偏りがあるかもしれませんね。自分の学年がどんな傾向なのか・・・。これは幼稚園や保育園で情報収集するといいかもしれません。

ちなみに長女は赤です。ランドセル工房 生田(大阪のランドセルショップ)のセミオーダーにしました。

セミオーダーは、ランドセルの色を選び、カバンの内側の色・縁取り・縫う糸などを選び、オプション(ボタンなど)を設定する、という方法でした。

赤のランドセルに、内側がオレンジのチェックという仕様で、普通のランドセルです。

色は本人の意志を尊重するのがベスト

親としてみれば、オーソドックスな赤や、落ち着きのあるキャメル、ブラウンといった色を勧めますよね。正直なところ、私も長女が紫などを選んだらどうしよう! と冷や冷やしました。

ですが、小学校に行くのは子どもです。新品のランドセルを見たり、入学式で着る服を試着してみたり、黄色いちょっと大きな帽子を被ったりして、小学生になる日を待ちわびています。

これでお兄さん・お姉さんになる! そんなワクワク感を胸に抱き、心待ちにしているわけです。

そこに「こっちにしなさい!」と子どもが希望しない色を押しつけるのはいかがなものか。

そう思いませんか?

子どもも一人の人間で、個性・考えがあります。そこはそれで尊重してあげてもいいのでは? そんな風に思います。

ちなみに・・・次女は

「ピンク!!! ぜぇぇぇぇぇったい、ピンク! キラキラ付きのピンク!」

と申しております・・・。まだ先の話ですが、母は諦めています。

ランドセルカバーがある

どピンクのランドセルなんて、どうなんだろう・・・。6年生になっても、どピンクを背負うのか? と疑問に思います。

長女は、保育園児の時はピンク大好きでしたが、今はが好きです。何か選ぶ時は必ず青です。

好みは、どんどん変わっていきます。これは避けられないと思うんです。

ということは、今、ピンクでも中学年くらいになったら違う色になり、高学年になったら、更に変わる可能性がある、ということ。

じゃぁ、どっちみち、何色買っても好みはどんどん変わるから、どんな色にしてもその時の「好き」と違う色になるのは避けられないということ?

だったら、もう、いいんじゃない? そう考えることもできるんです。

そして、ランドセルカバーというものがあります。これは簡単に自作できますし、カバーを使うことでランドセルの傷や汚れを隠すこともできます。高学年になったら、カバーをした方が傷などを隠せていいかも。

こんな前向きな考え方もできます。

まとめ

ランドセルは本当にカラフルです。そのうち、24色でてくるんじゃないか、というくらいカラフルです。

そして、保育園児(女の子)が好きな色といえば、やっぱり、ピンク、パープル、ブルー(あな雪?)で鮮やかな色。とても6年間、使えるとは思えない色です。

でも、ランドセルは使えば使うほど、痛んでくるし、汚れます。色が気に入らないなら、傷や汚れを隠す意味も込めて、ランドセルカバーを使えばいい。そう考えれば何色を買ってもいいように思います。

学校に通う本人の意思を尊重して、好きな色を買う。それでいいと思います。ということで、次女には、どピンクを買うことになりそうです・・・orz…

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントの入力は終了しました。