母親が隣にいるのに迷子になる子供!迷子対策に悩みます

次女を連れて、長女の習い事にいった時のことです。母親の私が隣に居るのに次女が迷子になりました。

子供は親の考えの斜め上を行く! これが本当だ、と思ったのと同時に、迷子対策をどうしようか悩みました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

子供の視界は狭い

私は長女と次女を連れてショッピングモールの中にあるピアノ教室に行っていました。

レッスンが終わって、私は次女と一緒に先生とレッスンの内容の説明を聞いていました。長女は出席カードを取るために受付へ。

長女が戻り、先生との話が終わったのでさぁ、帰ろう。そう思った時に、次女がいない! と気付きました。

今の今まで私の隣に居て、近くに展示されているピアノを見たり、ベンチに座ったりしていたのに!

レッスンとレッスンの間は親子が多く行き来します。その中で人を避けたり、同じくらいの年の子を見たりしている間に、私の姿を見失ったのでしょう。すぐ、傍にいたのに!

子供の視界って、本当に狭いのでしょうね。まっすぐ前にしか見えてない感じ?

子供はなぜか、走る! そして意外に速い!

次女がいない、と気付いてすぐピアノ教室を出たら、遠くに次女らしき子供の背中が見えました。

視力が悪いので確信が持てませんが、あの服の色は多分次女! そう思って追いかけたけれど速い!

4歳児、思った以上に速い! 一心不乱まっすぐ走っていく次女に追いつけない!

どうしてそっちへ走る!!!! 駐車場はそっちじゃないし、帰る方向も違う! なぜ、そっち!! そっちになにがある?!

あ、振り返った! でも気付かない! どうして、また、走る!!!!

名前を叫んでも声が届かない所まで、あっという間に走って行ってしまいました。

子供に迷った理由を聞いてみた

次女を追いかけた所、近くに居た女性が次女の手を引いてくれたお陰で追いつくことができました。ヒヤヒヤです。女性にお礼を言って次女を抱きしめて、とりあえず、何が起こったのか聞いてみました。

私「どうしたの? ママ、ピアノの先生と話してたでしょ? 隣に居たでしょ?」
次女「ママがいなくなったの。お姉ちゃんと一緒に先に帰っちゃったと思って、急いで追いかけたの」

母が視界から消えて、とにかく焦ってパニックになって走った

そんな感じでした。

そういえば、以前もスイミングスクールの帰り・・・。長女・次女・私の3人でトイレに行き、先に出た次女が「メンバーズカードを取ってくる!」と言って取りに行ったまま、「ママがいない!」と泣いてスタッフに保護されていたことがありました。

いやいや、あのね? ママはお姉ちゃんと一緒にトイレに居たでしょ? あなたもトイレに居たでしょ? ママ、トイレにいるって知ってたでしょ?

どうやら、「今、ここにママがいない!」その不安は一気に子供をパニックに陥れるようですね。「どこ? 置いていかれた?!」そうパニックになるようです。

迷子対策をどうするか

子供が複数居て、別々の方向に走られると親はどうしようもありません。どっちを先に追いかけるか。どうしても、この選択を迫られます。

そもそも、親がすぐ傍に居るのに、勝手に迷子になった! と思って走られては堪りません。本気で、GPS機能付きのマイクロチップを埋め込んでおきたい! と思います。

海外では、社員証代わりにマイクロチップを手に埋め込み、それで勤務を管理したり、パソコンを起動させたり、電子キーを解除したり、社内の自販機などで買い物ができるようにしたり、便利に使っているようですが・・・。

犬の迷子札ともいえるマイクロチップを本気で子供に付けたい! そうすれば、外出先で神経がすり減ることがないのに・・・。

※子供は犬じゃない! 何考えているんだ! とお叱りを受けそうですが、子供の突発的な行動に悩まされるママなら、理解してもらえると思う・・・。

自閉スペクトラム症と診断された長女は、なにかあった時に自分の状況を説明することができません。さらに「大丈夫?」と聞かれたら「うん」と答えてしまう始末・・・。

言葉の能力を向上させる努力を何年も続けていますが、なかなか・・・。そして次女は走る! 直感で走る! これは本当に困ります。

やっぱり、GPS機能付きのマイクロチップ・・・なんとかなりませんかね?

GPS機能付きの携帯を持たせる

マイクロチップはダメでも、携帯なら現実的でしょう。ということで、小学生になった長女には、一応、これを考えています。

ただ、携帯を持たせると、それを常に持ち歩かせなければなりません。ポシェットみたいな物を持たせ、常に持ち歩く習慣をつける必要があります。

しかし「置き忘れ」が怖いんですよね。そして、そもそも、ちゃんと常に持ち歩くのか? 時計型なら大丈夫?

不安は尽きません。小学生なら持たせても良いかなぁ? 携帯の使い方を覚えさせれば、長女の行動範囲が少し広がるかな? と思ったりもするんですがね・・・。

しかし、さすがに4歳の次女には早い。そう思っています。

とりあえず、言い聞かせる

次女に対し、すぐにできる対策として、頼りない気もしますが「言い聞かせる」ことにしました。

とりあえず・・・

  • 貴方を置き去りにして帰ったりしない
  • ママは必ず近くに居る
  • 迷った! と思ったら走らない! 絶対に走らず、その場に居る
  • その場で、周りをグルリと一周、ゆっくり見回す
  • その場で、大人の人に助けて欲しい、と声をかける

この5つの話をしました。要点は3つです。

親は子供を絶対に置き去りにしない。
その場に留まる(走らない!!!)
その場で助けを求める

走るな! 絶対に走るな! これを言い聞かせました。これ、絶対。迷子になった時、絶対に走るな! 走ると余計に迷うから!!!

しつこいくらい、これを言い聞かせました。が、多分、パニックになったら走るんだろうなぁ・・・。一回で理解して行動できるとは思えないですしね。

とりあえず、外に出る度に繰り返し言い聞かせる。これが地味ですが、今できる対策かな、と思っています。

どこにも置き去りにしたことはないし、常に一緒に行動しているんですけどね・・・? 保育園に預けているのが悪いのかな? 保育園には子供を置き、親が仕事に行きますけれど・・・。

どうして「置き去りにされた」「ママが先に帰った」と思ってしまうのか。そんなに私は信用されていないのか? と凹みました。

まとめ

子供の迷子は肝を冷やしますよね。親が隣にいるのに、なぜか、迷子になったと錯覚し、全力ダッシュします。

そこには、子供の不安と焦りがあるんですね。そして、なんとかしよう、と思って子供なりに頑張るんです。ただ、その頑張り方がズレている。

この頑張り方を教え、定着するまで言い聞かせる。そうするしかないかな? そう思っています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントの入力は終了しました。