【初心者】初めての着付けで困った3つのこと&重要ポイント

祖母が母に贈った着物をもらい、とりあえず着付けの練習をすることにしました。

しかし! 困ったこと続出で全然着られる気がしません! 一番困った3つのことと、そこから感じた初歩的な重要ポイントを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

【困った事その1】腕が後ろに回らない

まず、着物を着る時は、腕をよく後ろに回します。そして、背中側で帯を折り曲げたり、腰紐のヨレを直したりします。

この作業が全然できないんですよ! まず、腕が後ろに回らない。そして、後ろに腕を回したまま手を使うことができない!

いかに、普段、前でしか作業をしていないか! ということですよね。

着物を着ている人は肩が凝らない、と聞いた事があります。その理由がよく分かりました。腕を後ろに回したまま(肩甲骨が開いた状態のまま)皺を伸ばしたり、帯を直したりする。

この背面での作業が着物ではとても大切になってきます。

まず、腕を背中に回せるようになること。そして、見えない背側で手の感覚だけで作業できるようにならなければなりません。

【困った事その2】帯の折り方が分からない

さて、ふたつ目の困ったこと。それは、帯の折り方が分からない、ということ!

帯は洋服のベルトなどに比べて、かなり幅があるものです。これをグチャグチャにせず、綺麗に折りながら交差させたり、結んだりします。

この、帯の扱いが本当に分からない! 胴を一周させた時の重なる部分ってどうなるの? 結んだ時にできるグチャッと感はどうやって解消する?

いや、着慣れた人は「どうしてグチャグチャになるの?」と疑問になるかもしれませんが、初めてだと帯の交差のさせ方とか、結び方が本当に分かりません。しかも、着物の袖が邪魔で思うように手元が見えないし(涙)

まず、帯の折り曲げ方、重なる部分の整理の仕方、結び方をしっかり覚えてから胴に巻かないとダメですね・・・。

【困った事その3】姿勢の悪さを痛感する

私は腰痛持ちです。

ちょっとしたことで「腰が痛い!」となるのですが、着物の着付けの練習をしていると、腰が痛くなります。

正絹の着物(ちょっと大きめ)は洋服とは全然違う重さですし、体を常に真っ直ぐ(背筋をピンと伸ばした姿勢)で立って作業します。

変な所に力が入るのか、腰がもの凄く痛くなる・・・。腹筋と背筋が足りていないのでしょうね。

ちゃんと着付けを覚えて、着られるようになったら姿勢がよくなって、腹筋も背筋もつくのかな?いや、普段から姿勢をよくして腹筋と背筋を付けないといけないってことでしょう。

とにかく、猫背では着物は着られません。シャンッ! と背筋を伸ばすことを意識しないといけません。本当に、私は姿勢が悪いんですねぇ・・・。

着付け動画を繰り返し見ながら、ひたすら練習

着付けをザザッとやってみて、重要だと感じたのは・・・

・腕を後ろに回すことを意識する
・帯の折り方、結び方を練習する
・姿勢をよくする

この3つです。

この3つができないと、着物、着られません。
繰り返し、着付けの動画を見ながら毎日練習するしかないなぁ、と感じています。

でも、着られるようになったら、ちょっと洒落たママになれるかな?!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする