【初心者】祖母の着物のクリーニング代いくらになる?

先日、祖母から母に贈られた着物を譲り受けました。

しかし!! 母は全然着物を着ない人。とりあえず良い状態で保存するためにクリーニングに出すことにしました。が! そのお見積価格を見て大変なことに!!! 着物って大切にしたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

やっぱり高いクリーニング代

絹を自宅で洗う勇気が無い

私が譲り受けた着物&帯は、全て正絹(しょうけん)と言われる絹製品でした。

今は、絹製品も洗える洗剤が売られていますので自宅で洗濯することもできるのでしょう。ですが、礼服として着られる絹の着物を家でジャブジャブ洗えるほど、技術も度胸もありません。

とりあえず、着たいなぁ、と思ったものだけ、着物屋さんに持ち込んでクリーニングをお願いすることにしました。

一番の問題はカビ

着物の表はとても綺麗なのですが、裏は黄色く変色していて、さらにカビが生えている状態でした。

絹はウールのように虫にすぐやられる! ということはないようですが、こまめに手入れしていないとカビが生えるようです。このカビが厄介でね・・・。

カビを落とすとなると、クリーニング代が一気に跳ね上がります。

京洗い:いわゆる着物の普通のクリーニング=7,000円
カビ取りクリーニング=13,000円

色無地(礼服として使える、紋付きのもの)1枚
小紋 (一度も使われていないもの&数回着たもの)計2枚

この3枚のカビ取りクリーニングをお願いしたんですよ。それだけで約40,000円

さらに、袋帯も表は綺麗だったのですが、裏がカビだらけ&帯の芯がボロボロだったので取り替えが必要でした。

袋帯
カビ取り洗い 13,000円
芯取り替え 10,000円
帯芯代 4,000円

袋帯は色無地に合わせて入学式や卒業式などで使えるので、綺麗にしておこうと思ったので・・・涙をのんで27,000円

着物3着と帯の手入れで67,000円となりました。生まれて初めてです。クリーニングでこんな値段を支払うのは・・・。

手入れすれば、本当に長持ちする優れもの

さて、洗って綺麗にしてもらうのと合わせて、カビや汚れが付きにくくするための加工というものもお願いできるんですね。車で言えば、綺麗に洗った後、コーティングする感じでしょうか。

このコーティングが1枚10,000円です。お呼ばれで着られる色無地と、袋帯はこの加工をお願いしたので、プラス20,000円。

初めてのお支払いで、深い溜め息が漏れました。

ただ、これは、数十年間、ずっとタンスの中に入れっぱなしにしていて、全然手入れをしていなかったから。カビや変色を防ぐために、こまめに手入れをしていれば、こういうことにはならないんですよ。

決して、着物の手入れが常にこれだけ必要な訳ではありません。むしろ、数十年間、ずっとタンスの中に入れっぱなしで湿気やカビに晒していたのに、コレだけで綺麗になるのは有り難いと思うべきなのかもしれませんね。

普段着用の着物(小紋や紬)は家で洗える物もありますし、京洗いだけならネットで1枚3,000円でお願いできるものです。

こまめに手入れすれば諭吉さんが飛んでいって困りまくる! ということはないんですね。

ちなみに・・・私が着物屋さんに持ち込んだ色無地+小紋(2枚)+袋帯、全部合わせると100万円出しても作れないお品だったそうです。

祖母は呉服屋さんで和裁仕事をしていたし、母はデパートで販売員をしていたので、そうしたお品に手が出せたのでしょう。

祖母が作り、母が着て、私の手元に・・・。着物は数十年経っても新品のように綺麗に着られる服だ、と考えると、非常に長持ちするいいものと言えますね。

裏地も手入れすれば新品同様になるよ

着物は着ないと着られない

ま、当たり前なんですが、着ていないと着物って着られないんですよね。

子どもの入学式や卒業式で、さぁ、着よう! と思っても、普段から着ていないと着られないし、動作も伴いません。

着せられている感満載で行事に参加すると、自分が疲れるだけです。

せっかくの色無地も帯も綺麗にしてもらうので、ちゃんと着られるようになりたいなぁ、と思っています。

普段着られる着物がある

着ないと着られない、とは言っても、着物の色無地(礼服として着られる着物)なんて、そうそう着られません。

皆さんも、パーティ用のドレスや、フォーマルワンピースを着て、家事したりしませんよね。でも、着ていないと着られない。

じゃぁ、どうするか・・・と考えると、普段着に着られる着物をチョイチョイ着る、ということになります。

普段着の着物=小紋や紬

惜しげ無く着られる着物や帯があれば、チョイチョイ着て、練習することが可能です。嬉しいことに、今では、リサイクル品なら正絹の着物も帯も500~1000円で手に入るんですよ。

絹の服が500円とか1000円なんて信じられます? 子どものTシャツより安い!

1000円の着物ならガンガン家で(おしゃれぎ洗い使って)洗えていいですよね。普段着用の帯はベルトだと考えると洗わないし、ね。

着られるようになったら、祖母からもらった小紋を着よう。そう思っています。

お下がり小紋も新品同様になる

譲り受けた小紋は2枚ありますが、裏地が真っ黄色に変色していて残念な状態なんですよね。どうしたもんかなぁ。気にせず着るかなぁ。それにしても、袖の内側は見えるよなぁ・・・と頭を抱えていたのですが!

これ、裏地だけ替えて貰うことができるんです。大体、3~5万円前後で裏地を替えられるそうです。

裏地を替えたら、ほぼ、新品です。正絹の小紋が3~5万円で手に入る。ちゃんと着られるようになったら、ソレもありですよね。

裏地も、自分が好きな模様にしたり、グラデーションがかかった生地にしたり、見えないところのオシャレを楽しめるのだとか!

いやいや! チラッと見える袖の内側が洒落ていると良い感じがしませんか? そう考えると、なかなか着物って楽しいものだなぁ、と思います。

クリーニング代は痛い! と思いましたが、物の価値と経緯を考えると仕方が無いかなぁ、と思ったり。いや、高いんですけどね(^^;)

娘達が着るかどうか分かりませんが、これから、大切にして、こんなに手入れにお金を掛けなくていいようにしていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする