「づんの家計簿」を使って簡単に家計簿を付けてお金を貯める方法

育児中のママの悩みのひとつにお金がありますよね。でも家計簿を付けるのが苦手・・・という人は多いと思います。また、面倒! という人も居ますよね。

私も、外で働いている時は、まさにどんぶり勘定! 通帳を記帳し、年始と年末で比較して「ちょっと増えた~」程度でした・・・。

ですが、フリーランスで働くようになって収入が減ると、そういう訳にはいきません! そこで始めた真面目な家計簿(でも簡単に続けられる家計簿)を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

楽ちんな「づんの家計簿」がお勧め!

私が利用しているのは、ルーズリーフにレシートをそのまま書き写すだけ、という楽ちんな家計簿です。

書きたくなるお金ノート 楽しく、貯まる「づんの家計簿」 [ づん ]

レシートをルーズリーフに書き写し、使ったお金の合計金額と、財布の中に残っている金額を色分けして書いておく。それだけなんです。

とても簡単で、財布の中のお金も把握できるので続けられますよ。

ポイントは一カ月分の支出のまとめ方

レシートを書き写すことを一カ月続けたら、月末にちょっとだけ頑張ります。家計簿のポイントは、何にどれだけ使ったのか、ひとめで分かる状態にすることですよね。

このために、書き出したルーズリーフを見直して、項目別に支出額を計算します。

食費は? 外食費は? 医療費は? 衣料品費は? 光熱費は?

などなど・・・。自分の家に合った項目を作って、なににいくら使ったのか計算します。この時、口座から引落になっているものもチェックします。

わが家では、ほとんどの支出がクレジットカードと銀行からの引落です。現金で出て行くのは食費と日用品費などのみ。なので、支出額は把握し易いんですよね。

わが家の家計簿(一カ月分のまとめ)です。

月末に、このA4用紙1枚に収入と支出をまとめます。この作業が大切なんですよね。
支出も、項目ごとに分けて計算し、なににいくら使っているのか。パッと見て分かる状態にします。こうすることで家計の状態を正確に把握できます。

家計簿の例(なにも書いていないもの)
A4用紙にプリントアウトすると使えます。参考になれば・・・。

ルーズリーフやノートで家計簿は作れる

とりあえず、づんの家計簿を参考にしてレシートを書き出してみてください。

そして、A4用紙1枚に支出を項目別にまとめてみてください。これで家計簿完成です。

この作業をするのに必要なのは、紙・電卓・ペンです。まとめ方を覚えれば、あとは家庭に合った形を自分で作ればOK! 市販の家計簿を買う必要はありません。

目に見える形でまとめさえすれば、やり方は自分流で大丈夫! 簡単に我流で家計簿を作って収支を把握すれば、節約可能なポイントが見えてきます。ポイントが分かれば、貯金が可能になります。

自己流で楽に家計簿を作っていきましょう~。づんの家計簿、ばんざいです♪

書きたくなるお金ノート 楽しく、貯まる「づんの家計簿」 [ づん ]

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする