娘(4歳)が保育園お休みすると言いだしたら休ませるべき?

長女はほとんど無かったのですが、次女がどうにもこうにも「保育園行かない」と言い出してきかない時があります。

在宅ワークだと預けなくても、まぁ、大丈夫というか・・・でも仕事の効率が非常に悪くなり、母のイライラが募るのでできれば保育園に行って欲しい!

こんな、朝の娘と母の攻防と、保育園に行くための対処法を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

【準備】娘の様子を観察する

グズグズと文句を言い始めたら、まず、娘の様子を観察します。

娘は保育園・年中組。
保育園は園庭も広く、園外にアスレチックなどの遊び場があり、園長先生自らが手作りのおやつをくれたり、英会話やリトミックなどの楽しいイベントもあります。

決して、保育園が嫌いな訳ではありません。意地悪されるとか、先生が嫌いとか、そんなこともありません。

でも、時々、グズグズと「お休みする~」と言い出すことがあります。こういう時は、かなり高確率でなにかを企んでいます

その企みがなにか、母目線でしっかり観察してみます。

【対処法1】理由を聞く

娘のことを観察しつつ、とりあえず理由(言い分)を聞きます。この時、絶対に怒りません。顔はニコニコ。本音を言いやすいよう、ふざけあいなんかをしながら理由を聞き出します。

次女の場合は、大抵・・・

一人でお菓子&ジュースを楽しみつつ、お姉ちゃん抜きで(主導権を自分が握った状態で)自由に動画を見たり、アニメを見たり、お姉ちゃんの文具でお絵かきしたりしつつ、眠くなったらママに抱っこしてもらって一緒に寝てみたり、ママと公園に行きたい!

こんな妄想を膨らませています・・・。おいおいおい! と突っ込みたくなりますが、大体、そんなものです。

だって、ママがいいんだも~~ん!

これが決まり文句になっています。

【対処法2】抱っこ

娘の「保育園お休みしたい」の言葉には、甘えたいという欲求が潜んでいます。顔面にデカデカと書いていると言っていいくらい、解りやすい欲求です。

ですから、これを必ずかなえてあげます。ギュッと抱きしめて、向かい合って目を合わせ、おでこを引っ付けたり、くすぐったりしながら娘の要求を聞きます。

要求を聞きつつ「お菓子好き?」「お姉ちゃんの鉛筆、どれがいいの?」「ひつじのショーン、面白いよね」「ミニオンズ、昨日見たの笑えるよね」といった風に、娘の言うことに対して全て頷いてみせます。

ママは自分のことを解ってくれている! そう思うと比較的、すんなりと母の意見を受け入れられるようになるので、まず、娘の言うことを全部受け止めるようにしています。

【対処法3】元気が出る魔法のチョコレート

わが家では、お菓子を食べる時、ママの許可が必要です。

ほとんどお菓子を家に置かないようにしているのですが、置いているものを勝手に食べると、どでかい雷が落とされます。このため、お菓子は特別なものになっています。

お菓子の中でも、チョコレートは子供の舌を完全に虜にするお菓子です。一口チョコ(アルファベットチョコ)を瓶に入れて冷蔵庫で冷やしてあるのですが、これをひとつ、娘にだけあげます。

「これを食べたら元気がいっぱい出て、保育園に行けるようになるよ。魔法のチョコなんだ」

そう言い聞かせて1個だけ与えます。

【対処法4】帰ってきてからのことを約束

保育園に迎えに行く時間を決めたり、帰ってきてからなにをするか。これを約束しておきます。

大切なのは、約束したら、絶対に守ること。ですから、守れない約束(早く迎えに行くとか)は絶対にNGです。

子供は結構、記憶力がよくて「ママが約束守らなかった」ということは、しっかり覚えています。

「ママ、忘れていたでしょう!」

なんて叱られることになる上、子供が親を信用しなくなります。なので、事情をしっかり話すことをしても、守れない可能性がある約束はしないようにします。

【対処法5】体調が悪くてぐずっているなら休ませる

大抵、わがまま&休めたらラッキーだ!(ママが家にいるのは解っているので、休めたらいいなぁ! と思って言っているよう)なので、とりあえず保育園に連れて行く方針なのですが・・・。

本当にダメな時もあります。

  • 冗談を言う余裕がない
  • 毛布を持ってソファでクタッと倒れている
  • お菓子を使って誘っても動かない
  • ゼリーを鼻先に持って行っても反応しない

熱が出る前の状態で動かない時もあります。こういう時は休ませます。こういう時に預けると、高確率で保育園からお迎えCallが掛かってきます・・・。

無理は禁物。休ませた方が熱を出さずに1日休むだけで済むこともあるので、見極めが大切だと思います。

まとめ

4歳の次女が「保育園を休みたい」という時は、大抵、わがまま&ママに甘えたい、という時です。

朝の短い時間でも抱っこして、娘の気持ちに寄り添う行動&特別なことをしてあげると機嫌を直して登園してくれます。

ただ、本当にダメな時もあるので、そういう時は休ませます。

ママが家に居るということを計算した上で甘えてくる次女・・・。ここは在宅ワークのメリットを活用できるようで、デメリットでもあって複雑な気分です。

まだ4歳。しっかりしているようで甘えたい、まだまだカワイイ子供です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする