制服(園服や体操服)がある保育園とない保育園、どっちがいい?

保育園は、制服(登園着、体操服)がある園とない園があります。両方の保育園を利用したことがありますが、それぞれメリット・デメリットがありますね。

実際に、両方の保育園の経験から、制服のメリットとデメリットを紹介します。
※保育園の制服です。幼稚園には通わせていないので、そちらはよく解りません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

制服保育園の要確認ポイント

制服はデザインによってはとてもカワイイ!のですが、通う前に確認しておきたいポイントがあります。

  • 値段
  • 素材
  • 園で過ごす間中、ずっと制服か(遊ぶ時、昼寝の時は?)
  • マークを付けるのはOKか(文字が読めるようになるまで、自分の制服がどれか判断するためのマーク)
  • 着替えの枚数

保育園によっては、1着セットで2万円・・・なんていう所もありました! 結構、ピンキリなので値段は要確認です。

また、肌が弱い子は素材もチェックしておきたいですね。洗濯が自宅でできるか。女の子の場合、ヒダがあるスカートは手入れが大変です。

そして、どれが自分の制服か判別するためのマークはどういうものを付けていいのか、もポイント。

そして、保育園で汚してしまった時の着替えの枚数も要確認です。

保育園の登園着について

登園時に着る服(服の上に着るスモックのような服)というものがありました。

これは、登園する時と帰る時にだけ着る服でした。登園着+帽子+通園バッグがセットになっていて、1歳児クラスから利用していました。

私は車で送迎だったので、登園着を着てなにか動き回る、というようなことがなかったので全く汚れることがなく、1歳の次女もかなり大きいサイズを着ていました。

メリット

  • 大きいサイズを着せても不都合がない
  • 卒園児の登園着が保育園にあって融通してくれることもあった

一応、保育園に行ったり帰ったりする時の制服(これを着るのがルール)で、メリハリを付けることができていた(?)のが良かったかもしれません。

デメリット

  • ほとんど着ないのに、ユニフォーム代を支払わないといけないこと

遠足の時や発表会に着る・・・というなら、まだ活用していると思えましたが、本当に登園時のみ(しかも、登園は体操服)だったので、あまり着る意味がないなぁ、と思っていました。

また「これを着ると保育園に行く」ということなので、朝、機嫌を損ねた2歳児に着せるのが 大変でした。着せずにバッグと一緒に持参・・・という日もありましたね。

保育園の体操服

体操服を着て登園(体操服の上に登園着を着て登園)という保育園に通っていました。

メリット

  • 朝、アレコレ何を着せるか考えなくていい!
  • 気兼ねなく汚せる
  • 汗をよく吸う素材
  • 柔らかくて動きやすい
  • 洗っても乾きやすい

動きやすさを第一に考えている服なので、体操服は機能性に優れていて良かったです。字が読めない子供でも「これが自分の体操服!」と解るようにワッペンなどを付けてOKだったので、裁縫好きの親としては、アレコレ楽しめる体操服でした。

※胸元にワッペンを付け、カラー帽子にもワッペン&首の後ろのガード部分にレースを付けておきました。本当は、もっとデコレーションしたい! と思ったのですが、まぁ、ほどほどに・・・。

デメリット

  • 子供はすぐに成長するので、サイズ選びが大変
  • 白の体操服は、新品とお古が一目瞭然!
  • 体操服で登園しても、着替え(私服)は必要

大きすぎるとガバガバで動きにくいし、ピッタリだと毎年、買い直し(結構、高い)になるし・・・。

夏用・冬用両方を洗い替え&毎年買い直し・・・は、結構厳しいので、サイズ選びは慎重に・・・。

そして、白い体操服は長く着ていると黄ばんできます。誰かのお下がりだったり、長女のお下がりを次女に・・・となると、かなり黄ばんで「まさにお古!」という感じがしますね。

さらに、転んでズボンに穴を開けた! となり、そこからどんどん穴が広がって・・・というようなこともあり、西松屋の特売でズボンを買っていた身としては、買い直しはなかなか大きな出費になります。

また、体操服を着て登園でも、園内では着替えが欠かせません。上下&肌着合わせて3セットは保育園に置いておく必要があるので、私服もそれなりの数が必要です。

体操服があるから、私服も少なくていい! という訳でもないんですよね。

私服登園

次女は登園着+体操服で登園する認可外保育園に通っていましたが、認可に預けずに働いている期間分が加点され、3歳から認可に入ることができました。

この認可保育園は制服なしでした。ヒモ・フード・スカートはNGですが、自由な服装で登園という保育園です。

メリット

  • 子供が自由に服を選ぶことができる
  • 安価な服ばかり買っているので、穴を開けたり、酷く汚されてもダメージは少ない

朝の忙しいとき、子供に「好きなの着なさい」と言える、この楽さ! なんとかおだてて体操服を着せなければならない! というミッションがないので嬉しいです。

そして、例え買った翌日に穴を開けられたり、泥だらけ! シミだらけ! にされても、それなりに諦めがつく値段のものばかり買っているので、汚れなども気にする必要がありません。

デメリット

  • 私服を沢山、準備しなければならない
  • 保育園のNGデザインを避けて服を買わなければならない

大きなデメリットはこの2つでしょう。

保育園に3~5セットの着替えを置いておかないといけないので、半袖・長袖・トレーナーなどを買いそろえるのが大変です。

時々、ほとんど着ること無くサイズ合うとすることもあって、結構、凹みます。

そして「あ、これカワイイ!」と思っても、保育園に着ていけるか?! というハードルが消えません。
※保育園に着ていけないデザインの物を買ってしまうと、NG服を着て保育園に行く! と言って聞かない子供と朝、バトルを繰り広げることになります。

私服の保育園でも体操服だけ必要なことも

次女は制服がなくて、私服で登園する保育園に転園しましたが、そこでも体操服は必要でした。週一回の体操教室&運動会や遠足で体操服必須。

前の保育園に比べて着る頻度は圧倒的に少ないのですが、上下セットで購入。年少・年中・年長の3年間使う体操服なので、一回は買い換えが必要です(多分・・・)。

大きめの体操服を買いましたが、年長まで持つかどうか・・・。微妙です。

年中くらいから女の子は大変

女の子のママあるある・・・かな?

年中くらいから、女の子は「お気に入りの服」「かわいい服」「プリキュアみたいな服」などなど。

おしゃれに興味を示し始め、着た衣服とイヤな服の区別がハッキリしてきます。早い子だと、年少さんでも注文があれこれあります。

現在、洗濯して泡だらけになっています! という服を着たがったり、毎日、同じ服装だったり、NG服とされているヒラヒラのワンピースを着たがったり・・・。

本当にアレコレ、朝のバトルの原因になることも。

男の子よりも服にうるさい(一度、着たのに、やっぱりコッチ! と出発直前にお召し替え、ということもあるので面倒)ので、女の子ママは朝、結構、イライラさせられるかもしれません。

保育園児の私服の注意事項

さっきも少し触れましたが、保育園はNGの私服があります。

NGの服装がある

フード、ヒモ付き服、スカートNG

この3点は有名ですね。

遊具で遊んでいるときに引っかかったり、お友達とケンカした時に引っ張り合いになって首が絞まるなど、事故に発展する危険があります。

スカートは動きにくい、動いた時に自分で踏んでしまう、お友達に踏まれてしまう、といったような危険があるので原則NGという保育園が多いと思います。

ただ、おしゃれ好きの女の子は「スカートじゃないとイヤ!!!」ということもあり、「子供が自分で希望するならOK」という保育園もあります。

わが家は原則NGですが、雨の日(外で遊ばない日)で、本人が朝、希望したらスカートOKにしています(本当はNGだよ!と言って、今日だけ特別! といって着せます)。

また、スカートを履く時はレギンス必須。

保育園児は動きに遠慮が無いので、レギンス履かせないと恥ずかしい・・・。意外に盲点なのは、キュロットを履かせた時に下着が見えてしまうこと!

そこも気を付けたいポイントです。

汚す&破れること前提

服を買う時の大前提が 汚す・破れる・ガンガン洗濯する です。そして、子供が着替えやすい、というのも大切。

子供って、服は汚してなんぼ!

汚さないなんてありえません。汚すし、シミ作るし、破るし、毎日ガンガン洗濯! そういう物なので、服は、汚しても破っても惜しくない。洗濯しても乾きやすい、が必須条件です。

また、身の回りのことは自分でできるようになる、という方針の保育園が多いので、着替えやすい服を選んであげた方がいいですね。

※パジャマだけボタン付きにしてみたり、練習が必要な所は少なめにしてあげた方がいいと思います。

ちょっとビックリな話

「ウチの子はおしゃれな服しか着ません。汚れたら困るので、外遊びNGです!」

長女は3カ所の保育園に通っていた経験があるのですが、ある保育園でこういうママがいました。

西洋人形のようにカワイイ服を着て登園していた女の子ですが、いつも部屋の中に居て、絵本を読んだり、お絵かき(クレヨンNG)をしていました。粘土もNGだったそうです。ノリなんかもダメで、服を汚さない! が絶対!!!!のママだったようです。

※最初は、なにか病気などの事情があって外遊びNGかと思っていたのですが、そういう事情はなく、服を汚さないように! ということだったそうです・・・。

こういうママさんもいらっしゃいます。服で子供の行動を縛るのもどうかなぁ、と思うのですが、いろんな方がいますね。

まとめ

制服は、朝の服選びが不要で楽ですが、汚した時の着替えは必要なので、私服はそれなりに買いそろえる必要があります。また、制服は買い換える、となると出費が大きい。サイズ選びを考えつつ、お下がりなどを上手に探すという方法もありますね。

私服登園は、子供が自由に服を選べますが、その服選びが大変! また、かなりの枚数必要なので、お財布の中身と相談・・・になります。服は、汚す・破られても惜しくない・洗濯・着やすさといった点に注目して選ぶといいと思います。

時々、ちょっと驚くママさんもいますが、保育園時代は汚すこと大前提だと思って、たくさんの枚数を準備(自宅用と保育園用合わせて5~7セットくらいは準備)を考えておくといいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントの入力は終了しました。