保育園児の朝の支度を「自分でやる」ことで自立を促したい(4歳)

自分のことは自分でやる。これって大切なことなんですが、なかなか子どもに実践させられないことだと思います。特に働くママからは

「保育園児の朝の支度、自分でやらせてたら、いくら時間があっても足りないわ!」という悲痛な叫びが聞こえそうです(前は私もそうでした!)

在宅ワークの最大のメリットを行かして実践している、朝の支度を自分でやる、ということを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

朝は修羅場だった

以前は外で働いていた私。長女と次女は同じ認可外保育園で、登園に車で30分の時間が掛かりました。

朝は5時起き!メールのチェックやお気に入りサイトのチェックをしてから本格始動!

夜、寝る前に洗って置いた体操服(制服)を保育園カバンの横に並べたり、朝食の準備をしたり、夫のお弁当を作ったり、夕食の下準備をしたり。

子ども達の保育園準備はママが完璧にやって、忘れ物などないようチェック! 夫を仕事に送り出し、子ども達を起こし、朝食を食べさせ、自分の化粧に子ども達の着替え・・・。

本当に修羅場でした。

毎朝、少しでも早く準備を終えるために子どもの機嫌を取り、泣いたりぐずったりしないよう最新の注意を払っていました。

しかし、これでは自立どころか、自分で自分の事をできる子にはなりませんよね。実際、小学生のなった長女は自分の準備にほとんど気を配らないノーテンキな子

長女の就学を機に「子どもに自分でやらせないとマズイ!!!」そう痛感したのでした。

フリーランス&在宅ワークの最大のメリット

長女が小学生になったのを機に(学童が利用できなくて)私は仕事を退職。フリーランスという形で、自宅で働くことにしました。

また、認可保育園に入園申請を出し、認可外に預けて働いていた期間が長かったことで加点が得られ、家の直ぐ近くにある認可に次女が入園できました! もう、これが本当にありがたかった!!

  • 自分の時間に余裕がある
  • 登園時間が非常に短い

この2つのメリットを活用しない手はありません。

フリーランスで在宅ワークだと、働く時間を自由に設定できるので、育児をメインに据えて一日の動きを決めることができます。

この最大のメリットを活用し、私は「朝の支度は自分でやる」という方針に切り替えたのでした。

朝は放置する

朝起きてからやることリスト

これをイラスト入りで作っておきます。そして、テーブルに置き

「まず、なにする? 次は?」

子ども達に自分で自分のことを把握させます。そして、後は放置。母は時々「今、7時15分だよ~」と時間を告げる程度。

最初は尻を叩いてもロクに動かなかった長女も、徐々にリストを見て動くようになりました。

小2の今では、時計を見て「まだ7時20分だから、歯、磨かない」とか、意味不明なことを言いながら自分で準備しています。

段々と時間の概念も頭に入ってきて「あ! ヤバイ! 7時30分だ!」なんて言いながらバタバタ着替えてランドセルを背負ったりしています。

小学校に入ってから自分の身支度を自分でするようになった長女・・・。まだまだ、おボケな所がありますが、自立に向かってできることを増やしています。

なにをやるか自分で考え、自分で行動する

一気にできるようになる訳ではありませんが、少しずつ、失敗もしながらできるようになっている感じです。

子どもに自由を与えるデメリット

やらないといけないことをリストアップし、ひとつずつクリアし、次の行動に移る。

大人であれば、ここに「時間の概念」をプラスして、急ぐとか、前倒し、といったことを考えます。

しかし、子どもは「時間の概念」を完全に組み込むことは苦手なようで・・・どうしても「やりたいこと」「やりたくないこと」「今、感じている不満」が前面に出てしまうことがよくあります。

つまり・・・

  • ワンピースを着て保育園に行きたい!と叫ぶことをやめられない
  • 今朝はパンじゃなくて、おにぎりがよかった
  • パンに塗るジャムが気に入らない
  • 髪を結ぶお気に入りリボンが行方不明
  • 口内炎が気になって仕方が無い

こういったことで足が止まり、ぜ~んぜん、支度が進まないことはよくあります。

このため、放置していると当然のように「登園時間がどんどん遅くなる」「遅刻」がありえます。これを許せるかどうか。ここはママ次第かな、と思います。

私はコレも必要なこと、と思って放置しています。

「今、なにをしないといけないのか考えて!」
「ママは何も言わない。どうするか、自分で決めて、決まったら教えて」

こう言ってから放置しておきます。そうすると、次女(4歳)も、泣きながらアレコレ不満をぶちまけ、ふてくされ、そのうち、のろのろと動き始めて自分で支度します。

遅刻してしまう。でも、自分で決めて考えて行動する。

どっちを取るか・・・。私は、今は、まだ遅刻しても許される時期なので(保育園なので)、自分でやる、ということを優先しています。

これからは、時間を考えるということが課題です。

自分でできる!という自信を持たせたい

4歳児でも、保育園でのルーチンワークを覚え、イベントを考え、今、どんなことをしないといけないか考えることはできます。

やるべきことを見通せるよう道筋を示してあげれば、あとはやる気次第。機嫌が悪かったり、面倒だったり、やる気がでない事もありますが、それでも、やればできます。

そして、自分でできれば、「できた!」という自信が持てるようになり、さらに「やってみよう!」という意欲も出てきます

実際、次女は、習い事の新体操に自分で行って、自分で帰ってきます。親は、先生からの連絡事項を聞くために教室に入る必要があるのですが、「自分でできる!」と言って、親が教室に入るのを拒否!

新体操教室では年下の子もいるので「私はお姉ちゃん。できるの!」という思いがあるのでしょう。

自分で準備し、教室に入っていき、挨拶をして練習スタート。片付けも自分でやって、おたよりをもらい、戻ってくる。

この一連の行動が終わった後には、もの凄く晴れやかな顔をしています。やりきった! という喜びを感じているのかも? と思います。

こうした顔を見ていると、自分でやるよう放置したことが合っていたかな、と思います。

まとめ

朝の支度は自分でやる

遅刻するし、忘れ物をすることもあるし、失敗もある。でも、それを繰り返すことで、徐々に学び、自信が付き、自立していく。そう思います。

やる気がでなくて、グズグズすることもあります。それを叱ることもあります。でも、できたら「できたね! 自分でできたよ!」としっかり褒めることを忘れないようにしています。

そうすることで、自分でやることが大切、そう覚えてくれたらいいな。そして、時間の概念を組み込んで行動できるようになったらいいなぁ。そう思っています。

こういう面でも、フリーランスで在宅ワークという働き方は得だ、と思いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントの入力は終了しました。