嫌なことをよく覚えている超怖がりのASDの子の予防接種・日本脳炎

私の子は自閉スペクトラム症(ASD)で、嫌なことをよく覚えている超ビビリちゃんです。だから予防接種は本当に大変!そんなASDの子の予防接種の打ち方を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

だまし討ちはしない(事前通告制)

うちの娘はASDの特性か、非常に怖がりです。「怖い!」と思ったら、そこから一歩も前に進めず、ずっと「怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い」と言い続け、何も言葉が耳に入りません。

予防接種はやっぱり痛いもの。どうしても「予防接種=怖い!」になってしまいます。

ですから、予防接種に行くと言うと、まぁ、うるさい、うるさい!ず~っと不安そうな顔でブツブツ「怖いから」「痛いから」「打たなくて大丈夫」と言い続けます。

でも、私は必ず「明日、学校から帰ってきたら〇〇に行って注射するよ」と宣言します。内緒で連れて行って打つ、ということはしません。

理由は「親が嘘を言うと信じてくれなくなるから」です。注射は痛いし、嫌なのは当然です。でも、打たなければならない。頑張らないといけない。これを正直に子どもに言うんです。

言うから、まぁ、言った後から終わるまでず~~~~っとうるさいです(笑)。

でも「病気にならないように打つんだ」ということを説明すれば、理解し、病院まで行きます。

腕を出すまでが長いのですが、必要性を理解しているので、羽交い締めにしなくても自分でちゃんと接種できます。

打ったらご褒美

予防接種を打つまで、ず~~~っと文句を言い続ける娘ですが、打ったら「終わった!」という喜びと「頑張った!」という達成感、「できた!」という自信が付きます。

それを、強化する(より強く記憶させる)ために、必ずご褒美をあげます。ご褒美は大抵、スーパーで売っている100円前後のチョコ(笑)。

「頑張ったね!凄いね!できたね!ご褒美のチョコ、美味しいね!」

こうやって「注射は嫌だし痛い。でも、自分は頑張れる!頑張ったら嬉しいことがあるんだ!」と覚えさせます。最後を嬉しい記憶で締めくくって、良かった記憶に変えています。

これを繰り返すことで「嫌なことでも、頑張ってみようか」という気持ちになるように仕向けているんです。

ただ、ASDの特性で、超ビビリ!失敗や嫌な思いをするのが嫌で、その記憶はなかなか薄れないので、思うように効果が出ないのが難点・・・。

でも、少しずつでも「頑張ってみる」という気持ちが育っているように思います。

予防接種は上手でよく知った先生に

予防接種を打つ時に気を付けているのは、注射が上手な先生で、娘がよく知っている先生を選ぶこと。

ASDの特性か、娘は初めての場所や初めての人が苦手で、非常に緊張し、ジリジリと後退りするんですよ。ですから、よく知った先生で娘のことを見慣れた先生にお願いするようにしています。

そして、注射は医師の年齢があがるにつれて上手くなるように思います。私自身、仕事の関係で毎年バカバカ予防接種を打っていたのですが、もう、耳が聞こえてないんじゃ無い?と思うような高齢の先生ほど、上手いと感じます。

ですから、予防接種の時は若い先生よりは年配の先生を選ぶようにしています。

定期接種はほぼ、終了~

今回打ったのは日本脳炎(第二期)です。9~13歳で打つ定期接種ですね。

これが終わると、後は「ジフテリア・破傷風」の第二期ですね。こっちは11歳から。しばらく予防接種はナシです。親としては、ホッとしますね。

母子手帳を見ると、本当に沢山打ったなぁ・・・と感じます。

予防接種後の待ち時間はiPad

予防接種を打ったら、劇的な症状が出ないか病院内で20~30分くらい待つのが一般的です(待たないと、母子手帳を返してもらえない)。

病院内で待って、嘔吐や蕁麻疹、痙攣などの症状がないことを確認し、接種部を見てもらってから帰宅になります。

この待ち時間がヒマ・・・。ASDの子は静かに待っているのが難しいんですよね。そこで、活躍するのがiPad!

iPad、最高です!
やるのは「漢字をなぞって書くアプリ」や「計算問題を解くアプリ」です。待ち時間も楽しい勉強時間にしてしまいます。

そうすれば、静かに、機嫌良く、周囲に迷惑をかけずに待っていられます。「子どもにスマホは害悪!」という考えはゴメンナサイ・・・。ASDの子は言い聞かせてなんとかなる子ではないので、待ち時間にはiPadやスマホが欠かせません。

容姿は発達に問題がない子と変わらないため、傍目には「今の親はスマホに子守りさせている!」と見えるかもしれません。

でも、決してゲームを延々とし続けている訳でも、親が楽をするためだけに与えている訳でもないんです。

新しい便利な道具で勉強し、気分良く待ち時間を過ごし、周囲に配慮しているということに想像が追いつくといいなぁ・・・と思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントの入力は終了しました。