保育園で「発達障害児」と言われた理由と母が実践した対策

長女は2歳の時に保育士から「この子は発達障害児です」「面倒見切れません」と言われ、退園を迫られました。

母としては衝撃的な指摘で、社会から淘汰される子なのか!と崖から突き落とされた気分でした。発達障害児と言われた理由と、母が取った対応策を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

発達障害児です、と言われた理由

  • 先生の指示に従わない
  • 絵本を読む時間になっても一人だけ園庭に行きたがる
  • 他の子と同じことができない

この3つの点を指摘されました。2歳児なんてそんなもんだろう、と思っていた母、ビックリです。それ、普通じゃ無いんですね。

ただ、小児科医に長女を診てもらい、上のことを相談すると「普通の2歳児ですよ」と笑われました。

保育士は発達障害児だ! というし、小児科医は普通だ、と言う。母、混乱です。

小児科医の言葉を信じたい! でも正直、不安な点もありました。長女は2歳になっても2語文が出てきていなかったんです。

公園に行きたい。→こうえん
ごはん食べたい。→ごはん
牛乳飲みたい。→ぎゅうにゅう

文で喋らず、単語だけ口にするんです。そして、クレーン現象が見られました(なにか、取って欲しい時に「取って」と言わずに相手の手を、取って欲しい物の所まで持って行く行為)。

真逆の事を言われ、不安があり、保育園も退園! さぁどうする?! そんな状況に陥ったのでした。

自治体の発達支援センターに行ったけれど・・・

どこの自治体にも、子どもの発達について相談できる機関があります。私もそこに相談に行きました。

残念ながら、保健師さんは常駐しているのですが、臨床心理士・言語聴覚士・小児神経科医・作業療法士といった専門家は常駐していませんでした。

支援センターに行ったけれど、希望した専門家のアドバイスはなかなか受けられず、且つ療育にお試し参加したけれど娘は嫌がるばかり・・・。娘に合わない療育の場でした。う~ん・・・残念!

しかも、本格参加するなら、平日の午前中に母子一緒(下の子同伴不可)と言われて不可能!となりました。仕事辞めないといけない? 生まれたばかりの下の子、どうする? 現実的でない療育施設でした。

実践したのは家庭療育

とりあえず、別の療育施設を探そうにも、どこの療育も数ヶ月~数年待ちだし、小児神経科医の所に行っても2歳では正確な診断ができないと言われました。

じゃぁ、打つ手無し! そう思ったのですが、あったんです。できることがありました。それは家庭療育です。

うちの子、言葉が遅いかな?―どんどん言葉が増えていく遊び方
(ISBN-10: 4895958272/ISBN-13: 978-4895958271)

家庭で無理なく楽しくできるコミュニケーション課題30
(ISBN-10: 4054042422/ISBN-13: 978-4054042421)

この2冊の本を購入し、家庭でできる療育をスタートしました。

やることは至ってシンプル。娘の行動の理由を考え、言葉と行動を教え、できたらめいっぱい褒める!!!というもの。

例えば・・・
絵本を読む時に椅子に座らない

「座って」という指示を理解できていない→「座って」の言葉と行動を同時に教える→座ったらご褒美!

地道ですが、こうしたことを、ひとつずつ教えていくことを始めました。

行動の理由を考え、解決策を検討し、好ましい行動を取るように導く。褒められると嬉しくなって、また褒められる行動を取ろう! という気になるので、しっかり褒める。

こうした指導を自宅で地道に続けるようにしました。そして、少しずつできることを増やしていきました。

そして、保育園探し開始です(丁度、次女の産前休暇に入る所だったので助かりました)。思わぬ形で保活再開・・・。何が起こるか解りませんね。

まとめ

保育士は、他の園児と行動が違う、という理由で娘を発達障害児と断言しました。しかし、小児科医は普通だ、と言い、小児神経科では2歳では正確に診断できない、と言われました。

療育施設は子どもに合う・合わない、があり、余所を探しても数ヶ月~数年待ちという状況です。

八方ふさがりに思えましたが、家庭療育がありました。身近な所から始められる家庭療育があります。障害の有無に白黒付けられませんが、とりあえずできること(家庭療育)を対応策としてスタートした私でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントの入力は終了しました。